ヒーローマンション 人と暮らしの”間”を創造します
資料請求お問い合わせ
サイトマップ 会社案内 よくあるご質問
ホーム >地球環境問題 >CO2などの温室ガス対策

環境性能ブランド

地球環境問題環境性能ブランドのヒーローマンションは、人にも環境にもやさしい快適空間を目指します。


CO2などの温室ガス対策

温室効果ガスの排出量は年々増えています。京都議定書で定められた目標を達成するためには、私たちの努力が必要です。


京都議定書とは?

 

1997年12月に地球温暖化防止に向けて、各国が取組む目標や国際的な仕組みを決めるために、京都において開かれた「気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)」では、先進国などに対して2008年〜2012年の間に温室効果ガスを1990年よりも一定数値を削減することを義務づけました。主要国の削減率は、日本6%、米国7%、EU8%、カナダ6%、ロシア0%などとなっていて、全体で5.2%となります。二酸化炭素など、6つの温室効果ガスの排出削減義務などを定めた「京都議定書」が採択されました。現在、2002年の京都議定書の発効を目指して、国際間の協議が行われています。


温室効果ガスとは?

 

温室効果ガスイメージ大気中の二酸化炭素やメタンなどのガスは太陽からの熱を地球に封じ込め、地表を暖める働きがあります。これらのガスを温室効果ガスといいます。
温室効果ガスは大気中に極微量存在しており、地球の平均気温は約15℃に保たれていますが、仮にこのガスがないと-18℃になってしまいます。京都議定書では、地球温暖化防止のために、二酸化炭素・メタン・一酸化二窒素・代替フロン等の6種類のガスが温室効果ガスとして定められました。「温室効果ガス」の排出量を抑えることが、温暖化の課題になっています。二酸化炭素を吸収し酸素を排出してくれる熱帯雨林などの森林が、農地の拡大などにより伐採され地球上からどんどん失われていることも、温室効果ガスが増え続けている原因です。


日本の温室ガス排出量と排出削減目標

温室効果ガス排出量グラフ

CO2排出量の少ないヒーローマンションのメリットはこちら

地球環境問題トップへ戻る



フランチャイズシステムについて加盟店専用ページ 当ホームページのご利用について
Copyright(c) Hero Life Co.,Ltd. All rights reserved.